TriahlonStudent

学生トライアスリートによる日常

”センター試験” みんなが「やりがち」だけどやったら落ちる5つのこと。

明日から全国でセンター試験始まりますよね。

大学、特に国公立に進学したい人ならセンター試験で人生が決まってもおかしくないですよね。

逆に言うと、バカな人(あまり実力がない人)でもワンチャンあるってことです(笑)

さて今回は、明日に全てをかけている高校生諸君がやりがちなこと5つ。

これやってるとはっきり言います

点数落ちますよ

日本代表GKの川島永嗣選手のこの本ご存知ですか?

 準備する力

本番に向けて準備していく中でとても大切なのが前日の過ごし方

1.勉強する

正直、前日に勉強したところでもう遅いです。

勉強することで一番嫌いなこと「わからない問題に遭遇する」

もしかしたら前日にそのような問題に出くわすかもしれないです。

そして不安になる。これでは結局いい準備ができません。

2.寝ない

「しっかり寝ろよ」これを先生に言われた人もいるんじゃないでしょうか。

人間の脳みそは30%しか常に働かないと言われています。

眠いとこれよりもさらにちょっとしか働かなくなります。

長文を読む英語、国語で眠気に襲われると命取りです。

ただでさえ問題数が多いのに、眠かったら読んでも頭に入ってこなくて時間ロスです。

けど、皆さん緊張してますよね?

緊張してるから寝れない→夜遅くまで携帯いじる

これもダメです。

スマホから発するブルーライトが脳を活発化して余計眠ません。

さっさと布団の中に入りましょう。

人間は横になっているだけでもしっかり睡眠モードに入れるようにプログラムされています。

3.ご飯を食べない

これは特に当日の朝です。朝ごはんとても重要です。

脳をアクティブにするために朝ごはん超重要です。

たとえ今まで勉強してきて、知識を持っていたとしても、

脳みそが動いてなかったら今までの努力が出てきません。

4.闘志

最終的にいくら勉強できていたとしても、気持ちで負けたら意味ないです。

テスト=孤独な戦い

今まで必死に勉強してきた過去。合格して花の大学生活を送りたい欲求。

プレッシャー。焦り。喜び。悲しみ。諦め。

やはり、最後の最後まで全力を尽くすために自分の気持ちを最後まで燃やし続けることができる闘志は重要です。

最後に、センター試験今年はどのような傾向にあるのか私はよくわかりません。

ですが、みなさんが全力を尽くしてやり切れることを祈っています。